ちょっと、宇治(京都)までお仕事、5分と言わないまでも10分あればお仕事は済んでしまう。
レストア馬鹿は結構、優秀です?。日帰りです、じゃ、朝6:00でお願い!。

「面倒を見てあげましょう」?!「一人じゃかわいそう」?でお子守役のアシスタント付きです。
一緒に行けば何かありそう、読まれています!。

いつもの思いつきツーリング、日頃の行いが良いので?いつも天気は良い。
雨に降られたことが無いというより、思いつきだから、天気が悪ければ思いつかないのです!。

お仕事ですから、お天気は関係なし。
お約束の名神高速、養老SAでおやつを仕入れて、10:00のアポだからと、それなりの走り。
岡谷、宇治間を4時間の予定、お食事しても余裕でしょう!。
いつもこんなもんです。

京磁バイパスから、宇治東ICまで。
ツーリングの予定は立てないが、こんなお約束は時間が大事!
性格のせい?、きっちり守る、で10:10、完了です。

大好きな明日香村も気になったが、お天気が。
明日香村は逃げないので?・・・・・・・・・・・・

密かな?計画が・・・・・・・・・・・地底探検しよう!
地底はお天気関係ない!、・・・・・・・・その後ずっと青空のお天気でした。

某TV番組で化石の発掘プロジェクト?が進行していた。
子供の頃読んだ、地底探検の本(作者不明、私が知らないだけです)以来、いつか本物の恐竜を見てやろうと思っていたのでした。

「何処」?、「福井、勝山」・・・・・・・・・・・!。
石川の小松市辺りにある、自動車博物館も気にはなりましたが・・・・・・・・・

「福井には九頭竜湖あるよね」!

アシスタントは大藪晴彦の黒豹がお気に入り。
この本に出てくる、黒木豹助がいたくお気に入りらしく、至るところで登場する。
よく行く八方尾根の展望リフトで、ライフルで狙撃された話やら、バイクでこけた時には、怪我しても一日で薄皮張るんだよ・・・・・・・・

どうも、スキーで九頭竜湖あたりを滑る話・・・を思い出したらしい。
いつか行って見たいといってはいたのだが・・・・・・

かなり想像ではいいところらしい、フィクションだと思うのだが、

乗りましょう、その話!どうせ通り道?ですし・・・・・・・・で、名神高速から北陸道へ分岐。

どうも計画的だったらしい、うまく乗せられました?・・・・
福井北ICから、下道へ永平寺方面です。
旧いお寺にも興味がありますが、もっと旧い?恐竜には勝てません、で通過です。

あっという間に、ご到着です勝山市の、福井県立恐竜博物館です。

子供連れが多いです、バイクツーリングは見当たりません。
何処へ行っても、いつも必ずと言って良いほど見かけるのですが?、こんな処へは興味が無いのかも・

大きな建物です、さっそく中へ。いきなりエスカレータで地下へ降下。
かなり下ります、上野駅のエスカレータほどではありませんが。
雰囲気です、残念ですが写真撮影は禁止となっております。

昔、図鑑で見たような、ジュラッシーパークで見たような恐竜のレプリカが迫ってきます。
これですよ、これ!などと言いながら楽しんでます。
化石博物館等も多々行きましたが、さすがです。
熊本の御船にもあったと思いますが、ここはインター出入口の恐竜の姿看板しか見ていませんので残念です。

本当に、こんなのが居たんですね!、びっくりです。
何を食べたらこんなに大きくなるのでしょう?、鯨もオキアミ等のプランクトンを食べて大きくなるようですが、鰯の群れもパクリのようです!。

記念に骨格標本のプラモといっても木ですが、買って行きましょう。
何処へ行っても、あまりお土産らしきものは滅多に買わないのですが、2ヶも買ってしまいました。

本物はいません、化石とレプリカです、当然ですが!
気も済みました、ありがとう、参考にします!、・・・・・・・・何の?。

以前、海水浴の帰り、「息子に生きた化石を見に行こう」と上越の水族館にシーラカンスを見に行きました。
当然?、剥製です。
息子は「動かない、動かない」とガラスケースを叩いていました。
床で転げまわって怒っていました、生きた化石は死んでいたようです。

水族館も好きです、おいしそうなお魚が一杯です。
併設のレストランで、いつも刺身定食を頼んでいます・・・・・・・・・

お待たせしました、さあ九頭竜湖行ってみましょう。

なんとなく雰囲気です、そろそろですか。
箱ヶ瀬橋、別名「夢の架け橋」もお見事です、この橋は、本州と四国を結ぶ本四架橋のモデルらしいです。
九頭竜湖、ロックフィルダムとしても結構のものです。
バイクツーリングも結構来てます。

新緑、紅葉の時季は、見違えるように素晴らしいのでしょう!、が感想です。

妻も、期待が大きかっただけに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今までの経験?から、観光写真、案内、パンフレット等に見るものを超える処は稀です。
一番良い季節、場所からのショットですから、当たり前といえば当たり前の話ですが!。

逆に、白川郷に抜ける岐阜の天生峠(あもうとうげ)のように名所にならない所のほうが素晴らしいものがあります。あ、言っちゃった!。
そんな事もあって、道中の何があるかな、が楽しみ。
いつも行き先が大雑把なのです、予定はあまり立てない方が楽しいです。

158号をそのまま岐阜へ、白鳥西ICか飛騨清見ICへ、ここから高山を抜け、安房トンネルを抜ければ、松本です、通い慣れた道です。
私の、バイクツーリングのお気に入りコースですから・・・・・・・

高山ラーメン、食べていきましょう、よく来ている割には今まで何故かチャンスがなかったですから!
あっさり醤油味のちじれ麺の中華そばです、とても旨いです。
飛騨牛の串焼きと高山ラーメン変な組み合わせですが、満足、満足です。

こちらから見る北アルプスも、良い感じですが日が暮れてもう見えません。

トンネルを抜け、松本ICから岡谷IC、今回も無事「ただいま」です。

恐竜に逢いたい
2003 10/5

恐竜バーチャルツアー
は、こちらから
箱ヶ瀬橋
恐竜博物館はこちらから